木暮"shake"武彦&ラリーアッサラーム スペシャル対談 (2014/12月)

Photo by Morishima Kouichi 

shake's Tohoku Tour HP スペシャル企画
木暮”shake”武彦さんと
仙台のシンガー ラリーアッサラームさんの
心あたたまるエピソードを交えた対談をお届けします。
2015年の東北ツアーが楽しみです! 

 

 

ラリーアッサラーム

 

杜の都・仙台シンガーソウルライター 。

自身の音楽的ルーツである木暮"shake"武彦氏の

東北ツアーの前座で親交が深まり、仙台のライブを企画。

 

 

ラリーアッサラームHP http://rallyspider.jimdo.com/

 

(ラリー) シャケさん、こんにちは。
(シャケ) ラリー、ひさしぶり。
(ラリー) 東北ツアー応援団のHP対談となりますが、よろしくお願いします。

 

(シャケ) OK!

(ラリー) シャケさんがソロで現在活動されていて、シャケさんのライブを東北で待ち望んでいる方が広がってきましたね。

(シャケ) ここ2、3年の間いろいろな人や場所との出会いがたくさんあったよ。

(ラリー) シャケさんといえば伝説のミュージシャン!というイメージもあり、こうして気さくにお話ができるというのが、今はとても不思議な気がします。

(シャケ) 自分ではまったく伝説ではないし、ずっとあくせくやってきたし、今もフレッシュだよ。

(ラリー) ここ東北のライブで、福島でのライブもアットホームでしたね。

(シャケ) 秋田や酒田も、すごくいい感じだったし、東北ツアー、すごく楽しめたよ。

(ラリー) ここ2、3年の間、同じ東北の仙台ではJSF、ヘブンやJsカリーバー、こないだのennに返り咲いたライブなど、新たな東北の伝説も生まれてますね。

 

 

 

(シャケ) ラリープロデュースのおかげもあって、

色んな人たちに会えて楽しかったよ。

(ラリー) シャケさんと化石の森の出会いも、
僕ら前座でご一緒させていただいて、最初に 直接お話したのがennでしたね。
(シャケ) たしか1stの「水と光の魔法」のツアーの時だったよね。
(ラリー) あの時まだ、僕のバンドに名前がなくて、シャケさんの前座をするから!と、にわかに寄せ集まったメンバーでしたが、すぐに意気投合して、その後、シャケさんに「化石の森」というバンド名をつけていただき主催も何度かさせていただきました。
 
 

 

シャケ) 「化石の森」は、なんとなく冬の樹海を歩いてたときに思い浮かんだというか、降りてきた言葉だったね。


ラリー) 音楽性が「化石の森?」なんて、みんなにバンド名発表の時は爆笑されましたが、クールでとてもいい名前をいただき感謝しています。さて、こないだのツアーについて、振り返りたいと思うのですが。
(シャケ) OK

(ラリー) 前回の東北ツアーはジャズフェスから始まりましたね。

(シャケ) ソロでトラストシティというところで演奏させてもらったけれど、ビルの谷間の野外っていうのも新鮮だったよ。その後、化石の森と野外音楽堂で一緒にライブしたけれど、ものすごいたくさんの人が集まってくれてた。

(ラリー) ジャズフェスはシャケさんを待っている人たちが本当にたくさん楽しみにしていたようですね。シャケさんを初めてみる、という人もたくさんいましたが、あのライブをみてくれた人の中には、ロックなシャケさんを楽しみにしていた!という人も多くいたようですね。

(シャケ) 俺も楽しかった。

(ラリー) その後、酒田、福島、そしてラストにライブハウスennで。

(シャケ) 酒田と福島は予想外に楽しめた。仙台は熱量がすごかった。その後のツアーにも、いい影響があったかもしれない。

  

 

 

(ラリー) こないだのピンクフロイドトリップ 「原始神母」のライブは最高の熱量でした。

  
(シャケ) 仙台から見に来てくれてありがとう。

 

(ラリー) ピンクフロイド体験がまったくなかった僕ですが、余韻がすごく残ってます。

(シャケ) ロック好きな人には難解な音楽、と誤解されてしまうことが多いけど、すごくわかりやすい、いい音楽だよね。

 

(ラリー) 生で演奏にふれる機会というのも貴重ですが、本当に素晴らしいメンバーで今後の活動も、 楽しみにしています。


シャケ) 打ち上げは盛り上がったね。

 

(ラリー) まさかの朝5時解散、みんなすごい体力です。
(シャケ) 本当にいい夜だったよ。

  

(ラリー) これから冬に入りますが、次の東北ツアーはいつごろを予定していますか?

 

(シャケ) うん、新しいアルバム「透明な夜」が出来たばかりだし、来年春ごろから動き出そうかなと思ってるよ。また、よろしくね。

 

(ラリー) 新しいアルバム、まだ持っていないのですが、ぜひ聴いてみたいです。

 

(シャケ) 今回は、久しぶりに詞を書いて、歌を歌ってみた。何年もやってなかった事だけど、3曲作って全部に満足出来た。また進めたって思えたよ。
 
ラリー) シャケさんの活動は、仕事をしながら音楽をしてる僕らにとっては、シャケさんを身近に感じて、とても励みになっています。

(シャケ) でもラリーのように普段がっちり仕事をしながら作品作りを集中するのも大変だし、エネルギーがいることだと思うけど、もしかすると実は俺より音楽って物が楽しいのかもしれないし、これからもずっと続けて欲しいよ。

(ラリー) レコーディング中、シャケさんのアルバムを聴き返すと、景色が見えてくるような気がします。聴くときの気分によって、朝や昼や夜のような表情をする作品がここちいいと思います。

(シャケ) 歌詞が無いし、聴く人の状態によって違う物になると思う。それは自分が意図した事の外側だからみんなそれぞれ自分の色に染めて聴いて欲しいな。
 
(ラリー) 次の東北でのライブは、どんなワクワクが待っているんだろうなあと思います。

(シャケ) 次はちょっと毛色の違う事もやってみたいと思ってるよ。
(ラリー) みんな心から楽しみにしています!東北もこれから冬ですが、シャケさんの次回のライブ心から楽しみにしています!

Photo by Morishima Kouichi 他